群馬 腰痛 骨盤矯正 股関節 肩こり ぎっくり腰 急性 膝痛 頭痛 足痛 肩関節痛

花粉と食べ物はイコール

花粉と食べ物はイコール

2013年8月より花粉症に悩まされる40代男性患者が来院している。一番辛いのが花粉症でこの時期だそうでる。この方はそれまでに何もしてこなかったわけでなく。耳鼻科や代替療法なども試してきた。

しかし、年々酷くなり仕事に支障をきたす。薬を一日5錠服用しても効果なく、睡魔が襲いながら仕事をしていた。花粉症以外に色々な症状を感じるようになる。メロン・イチゴ・マンゴー・キウイなどの果物を食べるとノドの辺りが気持ち悪くなることに気づく。

これを交差反応性という。果物や野菜に含まれるたんぱく質は、花粉のたんぱく質とよく似たものがる。花粉症の人が、特定の果物や野菜を食べ続けていると、今度はその果物や野菜に反発反応を引き起こすことがある。

花粉はたんぱく質以外に脂質・糖質・色素・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・酵素・水分がコンパクトに構成されているので食物そのものである。花粉にあるとういことは食物にも反発がある。つまり花粉をターゲットに置いていてもこの方は効果は難しい。花粉は引き金であって原因にはならない。

従ってこの方は、アレルギー体質を改善する目的で長期にわたり通院している。花粉よりもタンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素からの施術に入る。

その年を薬により症状を抑えて乗り越えられる方はそれでいい。しかし、抑えられない方が増加している現実がある。花粉ばかり目をやっても限界がる。アレルギー体質(酸性体質)の改善はそう簡単でない。

a:1583 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional